« 久しぶりの遠征! | トップページ | アイク!アイク!×2 »

合宿、修了。

一度握った仲間の手は、なにがあっても離さない―
これは顧問の先生が語った、我が演劇部の伝統ある約束…

今日は、その仲間が一人、去ってゆく日になりました。その人は、いつもクラブのなかで孤独に、どこにでもある一つのコマとして、役を演じて生きていると、誰にも話せずに自分の中だけで丸く押し込み、結局一人で解決策を探さなくてはいけない状況にまで追い込まれた、と話してくれました。
たしかに、自分はただのコマで、いてもいなくても代役がいればそんなの関係ない。そう思ったことなんて、活動の回数分くらい感じてきたことだけど、人が違えばやっぱり違う。そんなこと、誰でも一度は思うことだろ。と、始めはそう思ってました。
でも、大人数の中でそういう本音を、たくさんの批判を受けることを知っていて、怖いはずであるこの行動を起こしたその人を、尊敬しました。勇気あるなと思いました。やっぱり遠いところに行ってしまうのは、とても淋しかった。

このクラブって、『演劇』を、本業より精神を強くするための手段として使っているのかも!気付くのが遅かった…

あーっもう遅刻するわ居眠りするわ、自分には腹が立ちますよ!…って、何度も自分自身に嫌われたのかなって思ったこともあったけど、実はちょっと期待してるのかも。あとも少しだけ変わることができれば、仲間に認めてもらえる。そう思ってるのかも!

長くてすみませんでした。もっとクラブを自分の居場所にしていきたいです。
以上、今日丸一日左目が痙攣して大変だった錆架でした。
……

|

« 久しぶりの遠征! | トップページ | アイク!アイク!×2 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ほm。
何があったかよくわからんが…。とにかくタイヘンだったのか。
まぁ…明日俺ん家でまっとります。それじゃ。

投稿: つきりゅ | 2008年3月29日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27489/11941221

この記事へのトラックバック一覧です: 合宿、修了。:

« 久しぶりの遠征! | トップページ | アイク!アイク!×2 »